穀類

100均の種「猫草の種」でエン麦(カラス麦・オーツ)の育て方

100均の種「猫草の種」で
えん麦(カラス麦・オーツ)の育て方

では実際、100均の種「猫草の種」でエン麦を実際、育ててみましょう。

「えん麦って何?」という方はこちら

使うのはこちら ↓ ↓ ↓

80g / ¥108
これは100均の、「ペット」のコーナーに売られている。
※「種」のコーナーにはないので、ご用心!

 

100均の「猫草の種」です。

100均で買える種・・・『燕麦(エン麦)』とは?」にも書きましたが、ザザーっと書くと、俗にいう「猫草」って「エン麦」のことです。
もちろん、猫だけじゃなくて、犬も食べます。

 

で、今回は「ペット用」としての、えん麦の育て方です。

実際のえん麦の種

 

種はこんな感じ。

米より、細くて尖っている。
インディカ米の種みたいね!

 

えん麦(カラス麦・オーツ)の種まき手順

1. 
袋には「バーミキュライトや園芸用腐葉土を」と書いてありますが、よほどサラサラの砂でなければ、そこらの土で大丈夫です。

それを、直径10~15㎝程の、すこし重量のある入れ物に底に2㎝程、入れます。

 

私は、湿気取り用の、半透明の入れ物の底に水抜き穴をあけたものを、2つ使ってます。
1つ食べて伸びる間に、もう1つの方を与えて、交互に食べさせてます。

 

ほんとは肥料は要らないのかもしれませんが、私はうっすらと下の方に、発酵牛糞を混ぜた土の層を作っています。グイグイ伸びるからね!

2. 
残り、上から1㎝くらいまで土を入れます。

 

3. 
その上にまんべんなく、えん麦を敷き詰めます。
そりゃもう「これ、詰め過ぎじゃないの?」ってくらいにね!
そうしないと、茎と茎の間に隙間ができて、うすらハゲみたいになるよ?

 

4. 
そしたらもう一度、上まで土をかけます。

 

5. 
そしてお水を、細かい霧吹きで、下に水が滴り落ちてくるくらいまで、ビチャビチャにやります。
(これをやることで、前日、種を水に浸しておく必要がなくなります)

 

その後は、直射日光に当てず、発芽までは水をやる必要がありません。
(エン麦は、水はけのよい場所を好み、過度な水分を与えると腐るので、気を付けて!)

 

6. 3日程で芽が出始めます。
10㎝くらいになったら、ワン・ニャンに与えてOK!!!

※ 重量の軽い入れ物で育てた方は、ワン・ニャンが入れ物ごと引きずって行かないように、注意しましょう!

 

2つ目を作りたい方は、2~3日ズラして作るといいかもしれません。

通称:ねこ草
ABOUT ME
ブタ子
ブタ子
長い外国生活を経て、帰国後報道業に就くも、ニュース記事を読んで一念発起し、農業に転職。 初心者用農業講座を受けながら、報道業の為、農業大国ブラジルへ。 好きな農産食べ物: 豊水梨。シャインマスカット。 育てるのが好きな農産物: 豆類。 豆類の神秘に魅せられて・・・おいしくって、栄養価の高い農作物・フルーツだ~いすきな、自称「野良オバサン」です。