寒冷紗しっかり! サカタの種で『四季まきキャベツ(中早生二号)』の育て方・栽培方法

今日は、シーズン問わずいつでも植えられる四季まきキャベツにトライしていただきたいと思います^^

四季まきという事で、春先に植えると、虫との戦いになるかと思いますが、そこは寒冷紗の裾部分をしっかりと押さえて、蝶などが入らないようにして、手入れをするようにしましょう

キャベツも色んな種類がありますが、作り方や注意すべき点はほとんど全て一緒なので、以下には『四季まきキャベツ(中早生二号)』だけの留意点を載せておきますので、
「ここのところ、もっと詳しく!」と思われる方は、早生キャベツ(富士早生)』を参考にしてください。

四季まきキャベツ(中早生二号)とは?

≪今回使用した種≫

四季まきキャベツ(中早生二号) 夏秋冬

≪種袋の品種表記と特徴≫

スマホの方はクリックして下さい↓↓↓ 大きくなります。

四季まきキャベツ(中早生二号)袋表示

特徴:

播き時が広くて作りやすく、家庭菜園で人気のキャベツです。

球は1.5㎏前後でやや腰高の平球。

春キャベツよりやや固く締まり、すぐれた品種。

強健なので初心者にも作りやすい。

『四季まきキャベツ(中早生二号)』
種まき時期等、作付け年表はコチラ

クリックして下さい↓↓↓ 大きくなります。

四季まきキャベツ(中早生二号)作付け表

キャベツを育てるのに知っておくとよい知識

以下の『時系列でみる、四季まきキャベツ(中早生二号)の育て方』の部分を参考に、『早生キャベツ(富士早生)』のページに飛んで下さい。品種は違っても、作り方はまったく同じです。

畑作り: (1㎡当り)

苦土石灰・・・10
完熟堆肥・・・2㎏
有機(配合)肥料・・・100g
を施する。
※ 秋播きは、元肥(有機配合飼料)を半分以下に減らす。

追肥:
本葉10枚のころと、結球初期に除草をかねて、耕しながら行う。

株間: 35cm

うね間: 65㎝

時系列でみる、四季まきキャベツ
(中早生二号)の育て方

種播き(2種類のうちどちらか)

・ 128穴のセルトレーに2粒ずつ蒔く
・ 育苗箱に10㎝間隔でスジまきをする。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

本葉1~2枚の時: ポットに植え替え。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

本葉5~6枚になったら: 上記株間とうね間を参考に1条植え。

収穫の目安・この品種の特徴

収穫適期: よく締まって、球の表面にツヤが出始める頃。裂球したり、表皮が汚れないうちに、早めに収穫する。

上記だけを参考に作ってもできますが、詳しくは『早生キャベツ(富士早生)』のページを参考に育ててみて下さい。

スポンサーリンク
節約野菜 336×280 レスポ
節約野菜 336×280 レスポ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
節約野菜 336×280 レスポ